スポンサードリンク
2016年06月07日

体外受精/移植周期(7回目)*D3 移植周期スタート!「着床の窓」ERA検査を薦められました。

6月4日(D3)

予定どおり、プレマリン、ヒスロンを飲み終えた3日後にリセットしました。
そしてD3となる先週の土曜日に、病院へ行ってきました。


seesaaブロ記事155.jpg


当日は、9時半予約。

ホルモン補充周期の移植は、採血はありません。

9時20分 受付
9時50分 内診
10時10分 診察
10時30分 薬の受け渡し・説明
10時40分 お会計


今回は院長先生の診察でした。


■診察内容

院長先生)
内診でみたところ、残留卵胞もないことから移植周期に入れますが
さきに、めるさんに伝えたいことがあります。
「ERA検査」という、スペインで行っている「着床の窓」を調べる検査を
当院でも行うようになりました。
費用は12万円程度と高額になりますし、正確性はまだはっきりとは
言えませんが、検討してみてはいかがですか。


私)
ありがとうございます。
その検査は、先日C病院で検査した「子宮内膜組織診(日付診)」と
どう異なるのでしょうか?
また、検査を受けるとなると、今週期は移植はできなくなりますか?
期間はどのくらいになりますか?


院長先生)
「ERA検査」は、先日受けられた「日付診」とは異なります。
4つの遺伝子を選択して、内膜日付診より優れた日付診が行えると言われています。
検査は通常のホルモン補充をして、移植するべき日に内膜を削りますので
その周期の移植はできません。
期間は、スペインへ送るため2週間ほどかかります。


私)
そうですか。今週期は移植をしたい気持ちが大きいので…
考えさせてください。


院長先生)
分かりました。
もちろん、今週期は移植でも良いと思います。
それでは今回も2段階移植として、5日目、7日目の移植予定にしましょう。
今日からエストラーナテープとプロギノーバを処方します。
次回は、1週間後に来てください。



前回の自然周期が中止になったことから、今日の移植周期スタートは
待ちに待った…という気持ちで心待ちにしていました。

そのため、あたらしい「ERA検査」を進められることになるとは夢にも思わず。


費用は高くはありますが、前回受けた「日付診」より精度が高いのであれば
やはり受けるべきなのかどうか…かなり迷いました。

ただ、院長先生は正確性はまだ分からないとおっしゃっていたこと
そして、自身の移植したい気持ちを優先して、今回は移植をする方向に決めました。


今度の移植がだめだったら、受けるのか。
そして転院はどうするのか。


今回は夫は不在だったため、また話し合いながら決めていきたいと思います。


■通院備忘録
・6/4(土) 診察・エコー検査(子宮内膜、残留卵胞の確認)
・6/11(土) 診察・エコー検査(子宮内膜の厚さ確認)

■処方された薬
・エストラーナテープ×16枚(1日おきに貼り替え)
・プロギノーバ×2シート(1日2回 朝食後、就寝前に1回2錠)

■6/4(土) お支払額
・診察/エコー検査/処方料:17,064円


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

【不妊治療ー体外・顕微授精(移植周期F)の最新記事】