スポンサードリンク
2016年06月16日

夫(妻)の治療への理解はどのくらいありますか?夫婦で一緒に治療に向き合いたいと思う気持ち。

治療をされているみなさんは
旦那さん(または奥さん)の治療に対する理解は、どのくらいありますか?


わが家の場合、夫はわりと理解があり
過去の移植周期では、休日は当たり前のように病院へ付添をしてくれました。

ただここ最近は、移植周期も7回目となり慣れてきたせいか
休日も自分の予定を入れ、1周期の間に2回程度しか同席しなくなりました。


seesaaブロ記事158.jpg


予定がある日は、わたしが通院日だということも忘れてしまっているので
どうだったか聞いてくることもありません。

いまではわたしの方から結果を伝えるようになってしまい
正直、ひとりでがんばっているような気持ちになる日もあります。


不妊の原因はわたしにあるので、ある程度は仕方がないと思います。

でも、不妊治療は夫婦で取り組むべきこと

そう思うわたしにとって
このもやっとした状態がつづいているのは、すこし辛いです。


つぎの診察もわたしひとりでの通院となるため
2段階移植の、2回目の移植時に来るのかどうか。といったところ。


夫には言わなくてもわかってくれるなんて甘いことは思っていません。

だからこそ、夫へきちんと自分の気持ちを伝えたうえで
夫の負担にならない程度に、治療をつづけられたら良いなと思います。


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ




posted by める** at 00:00 | 日々のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする