スポンサードリンク
2016年06月04日

東京都の特定不妊治療費助成金は最大6回。5回目の助成承認決定通知書と、最後の1回に託す想い。

3月中旬に助成金の申請書を出してから
2ヶ月強ほどかかり、ようやく先日承認決定通知書が届きました。


seesaaブロ記事154.jpg


今回助成金申請が降りたのは、5回目のもの。

やはり年度末は助成金申請の方も増えるのか、時間がかかりました。



助成金を受けられるのは、最大6回まで。

治療をはじめたときは、この6回がこんなにもはやく訪れるとは
思いもしませんでした。


つぎの移植が最後の助成対象となります。
これで、わたしがいただける助成金も最後となります。

29歳からはじめた不妊治療。
高度不妊治療は30歳からはじめましたが、今年でもう32歳となります。


助成金に頼らせていただいた5回の治療も、いい結果が出ませんでした。


来月の6回目の移植はある意味とても緊張しますが
すでに凍結してある卵の生命力で、もう結果は決まっているのでしょう。

わたしにできることはほとんどありませんが
いまの病院でできる最後の移植は、心穏やかに終えられたらいいなと思います。


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

【助成金・お役立ち情報の最新記事】
posted by める** at 00:00 | 助成金・お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年04月02日

不妊治療助成金*4回目の申請で25万円の助成金が承認。つづけて5回目の申請。あとのこり1回となったいま、思うこと。

今年の1月ごろに、2回目の採卵、4回目の凍結胚移植の助成金申請をしました。

そして先日、承認決定通知書が届きました。


seesaaブロ記事134.jpg


まだ入金はされていませんが、25万円の助成金はとても助かります。

そして同日、5回目の凍結胚移植も陰性に終わり
ついに5回目の助成金申請を出しました。


のこりはあと1回。

都の助成金は6回までとなるため
わたしにとってこれから先は、本当の意味で全額自費での治療となります。


高度不妊治療と言われる、体外受精、顕微授精は、とてもお金がかかります。

とくにわたしは排卵障害という、自力でホルモンが出ない障害があるため
ホルモン補充は必須となり、より薬代がかさみます。


お金がないと、治療ができない。
これがいまの現実です。


助成金がもうすぐ終わりを迎えようとしているいま、わたしが思うこと。

それは、まだまだ治療はつづけていきたい。
この強い思いだけ。


そのためには、わたしも働いて収入を得ることが必須となります。

それによって精神的、体力的には消耗してしまうかもしれません。
でも、わたしには治療をしないと自然妊娠は100%ありえません。


幸いわたしは働くことが好きなので、いままでつづけてこれました。

ただ、これからは県をまたいでの転院をします。
いままで以上に、仕事と治療の両はが厳しくなるでしょう。

それでも、わたしは仕事をダメになるまでつづけるつもりです。


お金がないから。

この理由で諦めることだけはないように
これからも前向きに働いて、前向きに治療に望んでいきたい。

そう強く思います。


※東京都で行っている、特定不妊治療費にともなう助成金について
 4月1日より制度が変わっています。
 詳しくは、メインブログに書いていますので、興味がある方はご覧ください。


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

【助成金・お役立ち情報の最新記事】
posted by める** at 00:00 | 助成金・お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年01月27日

子宮頸がん検診に行ってきました。子宮頸がん検診や乳がん検診は、市区町村の無料クーポンをご活用ください。

昨年に、区から「乳がん検診」「子宮頸がん検診」の
無料クーポンが送られてきました。

いつもは会社の健康診断に、プラス料金を支払って検査を受けていましたが
今年は無料クーポンがあったので、こちらで受けることに。

いまはおやすみ周期ということもあり
ちょうどいい機会だったので、子宮頸がん検診に行ってきました。


行った先は、近所の産婦人科。

20代半ばのころ、原因不明の無月経になったときにはじめて通った産婦人科でした。


当日は、2時間待ち。

休日に行ったこともあってか、とにかく人がいっぱい。
席に座れないほどでした。

問診⇒内診⇒細胞診は、大体10分もかかりませんでした。


seesaaブロ記事120.jpg


9時からの受付で8時半に行ったにもかかわらず
すでに27組ほど並んでいた産婦人科。


わたしのようにガン検診に来られている方も1、2名いるようでしたが
ほとんどが20〜40代の妊婦さん。

旦那さんと一緒に来られていました。


いままでは、不妊病院にばかり足を運んでいたので
不妊で悩む方の方が多いように感じていましたが、それは大きな間違い。

こんなにたくさんの妊婦さんを目の前にして
わたしもいつか…とあらためて感じた1日となりました。


結果は、3週間後。

前回検診を受けたときは「CLASSU」だったので
これ以上悪くなって異なことを祈るばかりです。


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

【助成金・お役立ち情報の最新記事】
posted by める** at 00:00 | 助成金・お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする