スポンサードリンク
2015年01月02日

あけましておめでとうございます&リセットしそうな予感。

あけましておめでとうございます。

みなさんはお正月、いかがお過でしょうか。

わが家は夫婦ともに年末年始は義実家へ、今日は実家へ行く予定です。
連日おいしいご飯をたくさん食べて、のんびりさせていただきました。

この間は不妊治療について考えることがなく、とてもリラックスできましたが
家に帰ってからはそろそろ生理が来そうな、そんな前触れがありソワソワしています。

それは、OHSSの症状である下腹部の腫れがおさまってきたこと。
そして下腹部のズーンとした違和感や胸の張りでした。

次回の診察が1月6日となるため、それまでに生理がくれば次の治療に進むと思いますが
もし来なければ(数日ずれれば)血液検査で、妊娠判定を行っていただくことになります。

ただ、数日の生理の遅れだとすれば、またあらためて病院に行かなくてはならないため
先にフライングをするか迷っています。

もし陰性だったら遅くても生理が来るはずなので、診察日をずらして仕事に行けるかな。
なんて考えていたり…


にほんブログ村 トラコミュ 不妊治療がんばるぞ!へ
不妊治療がんばるぞ!


本当はOHSSが悪化してでも陽性であってほしいと願ってしまいますが、
こればかりは待つしかないですね。

いまは、
判定日までがこんなにモヤモヤする、我慢の期間ということをはじめて感じています。


フライングするかはまだわかりませんが、
もしこれで生理がきてしまったら、次も人工授精をしようと考えています。

今後は人工授精を3回ほど挑戦して
それでもだめなら31歳になるまでにはステップアップをする予定。

先が見えなくていつ子どもを授かることができるのか、不安定な気持ちがつづきます。

それでも、夫といられる幸せが当たり前にならないよう
いまの2人の時間も大切に、過ごしていきたいと思います。


と…年初からドキドキしている気持ちを書いてしまいました。

お見苦しい文面もあるかもしれませんが、できるだけ素直な気持ちをそのまま
書かせていただきたいと思っていますので、お付き合いいただけたら幸いです。

それでは、本日もお読みいただきありがとうございました。


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

【不妊治療ー人工授精の最新記事】
posted by める** at 07:00 | 不妊治療ー人工授精 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年12月28日

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の症状が出ています。

人工授精6日目。
卵巣の腫れがないか等の確認のため、先週の水曜日は通院日でした。

当日のエコー検査の結果は、

卵巣が左右ともに8pの腫れ
腹水がすこし貯まっているとのこと

ということで、すぐに血液検査が必要と言われました。

急いで血液検査。と言われてすこし驚きましたが、
当日1時間待てば一部結果がでるので、ブルーな気持ちで1時間ほど待ちました。

血液検査の結果は、基準値内。
ヘマトクリット値も問題ありませんでした。

ただ先生からは、「中等症のOHSS」ということで、
「激しい運動は控えて、普段の生活でもなるべく安静に過ごしてください。
また、週末も残りの血液検査の結果をみて、エコー検査をするので来てください」
と言われました。


数日後、血液検査の別項目の検査結果を聞くために夫と再度通院。
この日は人工授精9日目でした。

血液検査の結果は問題はなく、エコー検査も変わらず卵巣が腫れている状態で、
左右ともに7p程度の腫れでした。

先日は「最悪入院も考えて。」と言われていたため、悪化していなくてほっとしました。

まだ週明けは仕事もありますし、年末年始はお互いの実家へ挨拶に行ったりと
やることもたくさんあったので…本当に良かったです。。

とはいえ、まだお腹は相変わらず張っていて安心できない状況なので
無理はしないで、体を冷やさないようにおとなしく過ごしていきたいと思います。


にほんブログ村 トラコミュ ☆30代からの不妊治療☆へ
☆30代からの不妊治療☆


OHSSと言われてもさほど動揺しなかったのは、
じつは、人工授精翌日からすこしお腹が張りはじめて、トイレの回数もこころなしか
減ってきたような。そんな気がしていたからです。

それでも気になる程度で痛みがあるわけでもなかったため、
あまり気にせずに過ごしていました。


とりあえずひと安心。ということで、病院近くの大好きなお店でランチをいただきました。
seesaaブロ記事10.jpg


人工授精の妊娠率は平均的に「6〜8%」と言われています。

確率は決して高くない治療方法ですが、
それでも希望を捨てずに最後まで望みをかけたいと思います。

次の診察は、年明け生理予定日の4日後となります。
生理が来ていても来ていなくても通院してください。とのことでした。

これで通院日に判定していただけることになったので
当日までに生理がこなくてもフライングはしない予定です。

もし妊娠することができたら…それはとてもうれしいことですが
OHSSの症状が進んで重症化する可能性もある。ということを忘れてはいけません。
どういう結果が出ても、ある程度は覚悟をしておきます。

きっと生理が来るときはそれまでに来ているでしょうし、
それまではおいしいものをたくさん食べて、リラックスして過ごしていきたいと思います♪


それでは、長くなりましたが、
本日も最後までお読みいただきありがとうございました。


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

【不妊治療ー人工授精の最新記事】
posted by める** at 00:00 | 不妊治療ー人工授精 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年12月25日

1回目の人工授精*人工授精当日の流れ。

おはようございます^^*

最近は仕事と家事で平日は疲れてしまい、
なかなか頻繁に記事を更新できなくてソワソワしていました。

ですが、今日は夫が会社の飲み会!ということで、
夕ご飯が要らないそうなので、朝から記事を書いてみます。


*********************************

前回の記事のつづきです。
人工授精当日。この日はD21でした。

流れとしては、このような感じでした。

1.朝、夫に採取した精液を直接病院に持ち込んでもらいました。
  持ち込んだ精液は、病院側で洗浄・濃縮をし保管してくれます。

2.お昼近くにわたしが病院に行き、すぐに内診室に入りました。
  内診室に呼ばれて名前を確認され、すぐに人工授精開始。

3.カテーテルを子宮に入れて、精液を注入します。
  このときにツンとした痛みは若干ありましたが、
  たいした痛みもなく処置も5分程度で終わりました。

4.処置の後、5分間内診台で横になり、処置は終了

5.先生の問診で、精液結果と次回のスケジュールについて説明がありました。
  わたしの場合卵胞の数が多く、排卵痛が強くでる可能性があるため
  次回の診察(排卵確認)までに痛みが強ければ、はやめに病院へ来てください。
  と言われました。

6.看護師さんから抗生物質とデュファストンを処方してもらい、
  受付で会計を終えてから、仕事場へ戻りました。


所要時間はすべてあわせて1時間と少しで、思ったよりもはやく助かりました。
年末ということもあり、病院自体が空いてというのもあるそうです。

人工授精自体は、先にも書いたとおり、
カテーテルを入れる際、ちくっとした後にツンとした痛みがありましたが、
子宮卵管造影に比べれば大したこともなく、耐えられる痛みでした。

これから人工授精をする方にすこしでも参考になれば…うれしいです^^*


にほんブログ村 トラコミュ 不妊治療がんばるぞ!へ
不妊治療がんばるぞ!


当日は、先生からこう言っていただきました。
「めるさんの場合、排卵障害であって、他の問題は無さそうだから
今回ダメだったとしても、次回も人工授精で良いと思いますよ。」


年齢を考えれば、そんなにたくさんの時間があるとは思っていませんが、
やはり体の負担と費用の負担を考えると、人工授精で望みがあるのであれば
そのまま人工授精をつづけていきたい。という気持ちが強くありました。

そのため、そう言っていただけたことが、とてもとてもうれしかったんです。

この日は、夜会社の飲み会があったのでお酒は控えて、あとは普段どおりに過ごしました。

そして夫とは翌日に話をし、
あと2回は人工授精でがんばろう。それでもだめなら、体外受精へ進もう。
という結論になりました。


前回のクリニックで2回ともタイミング法ができなかったことを考えると
今回転院して、初めて人工授精ができたことがすごいことなんだ。と思えてなりません。

転院して良かった。またがんばろうと思うことができました。


まだまだこれからが長い道のりとなりそうですが、
この人工授精がうまくいきますように…と願いながら、年末年始を過ごそうと思います。


1回目の人工授精(検査含む)でかかった費用の合計額 : 83,530円


それでは、本日もお読みいただきありがとうございました。


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

【不妊治療ー人工授精の最新記事】
posted by める** at 00:00 | 不妊治療ー人工授精 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする