スポンサードリンク
2015年02月27日

体外受精/採卵周期*D11 卵胞が育たないことで採卵が先延ばしに…

2月24日(D11)

この日は体外受精に入ってから3回目の診察でした。

前回の診察時はD8でしたが、予想より卵胞が育っていなかったため
そのまま3日間つづけてHMG注射225を打ちました。


そしてD11の診察。

朝9時に採血をして、そのあとエコー検査を先にしてもらいました。
採血の結果がでるのが1時間後となるため、10時過ぎに診察という流れでした。

採血、エコー検査の結果は…うーん。となんとも言えない結果。

今回の診察は院長先生ではなく、女医のT先生でした。


■診察内容(T先生より)
「卵胞の数は増えていますが、どれもまだD11にしてはちいさいです。
採卵予定日は延期に。予定していた日数より1週間ほどは遅れるでしょう。
最悪、このまま卵胞が大きくならなければ採卵中止。
そして1つ、あるいは2つしか育たない場合は
人工授精に変更することもできますので、ご夫婦でよく話し合ってください。」


■血液検査
E2:85.040pg/ml
P4:0.314ng/ml
LH:0.117mIU/ml


■超音波検査(卵胞チェック)
R:10.9.9.7.7
L:10.10.9.8


まさか体外受精にステップアップして、HMG注射の量を増やして望んでも、
ここまで結果がでないとは思いもせず、かなりショックでした。

当日は午前休だったので、午後からは仕事に行きましたが
仕事はいつもより集中力がつづかずに、今後の治療について考えてしまったり
ネガティブな思考になってしまいました。


それでも、まだあきらめる気はまったくありません。

わたしにも、一度(化学流産ですが)着床したという奇跡がありました。
その可能性を信じて、いまはとにかく前に向かって進んでいきたいと思います。


ということで…
24日からまた3日間、今度はHMG注射の量を「225⇒300」へ増やしました。

そして明日27日が4回目の診察となります。

ここで前回より卵胞が育っていなかった場合は、最悪のことも考えないといけませんが
いまはまだあきらめるには早い!

そう自分に言い聞かせて、明日も病院に行ってきたいと思います。


また明日の結果は後日記事にしていきますね。


■通院備忘録
・2/27(金) 血液検査・エコー検査

■2/24 お支払額
・血液検査/エコー検査/自己注射シリンジセット等:40,392円


本日もお読みいただきありがとうございました。


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ



【不妊治療ー体外・顕微授精(採卵周期)の最新記事】
2015年02月22日

体外受精/採卵周期*D8 採血結果と卵胞の状態。

2月21日(D8)

夫と病院に行ってきました。

卵胞の状態をみるため採血とエコー検査をし、診察を待つこと1時間半。
ようやく診察室に呼ばれました。

当日は院長先生の診察です。
結果は、残念ながらあまり良い状態ではありませんでした。

■診察内容(院長先生より)
「いまは、まだホップ・ステップ・ジャンプのホップまでもいっていない状況です。
とりあえずHMG225を、今日から3日間連続して打ってみましょう。
まだ始まったばかり、あとからグッと育ってくることも十分にありますよ。」

■血液検査
E2:21.480pg/ml
P4:0.278ng/ml
LH:1.040mIU/ml

■超音波検査(卵胞チェック)
R:6
L:5.4


前回の記事で書いたとおり、
わたしは卵胞を育てるためにHMG225を5日間、フェマーラも5日間飲みつづけました。
先生も言われるとおり、かなり強い薬をつかっているそうです。

それでも育ってくれない卵胞に、また転院する前のときの悪夢が蘇りそうでした。


seesaaブロ記事20.jpg


せっかくここまできたのに、育たなかったらどうしよう。
また中止になったらどうしよう。

そんなネガティブな思考で頭の中が一瞬真っ白になってしまいましたが、
院長先生はやさしい口調で、おだやかに診察してくださいました。


そうだ。まだD8、まだ数日あるんだ。
前回の人工授精のときは順調だっただけ。

これが本来のわたしのスピードだから、焦らないで辛抱づよくがんばろう。

先生と話すことで、ようやく冷静に受け止めることができました。

院長先生にがんばります。とだけ伝えて、
診察後は注射を打ってもらい、会計を済ませて帰宅しました。


夫もこの結果にすこしショックを受けているようでしたが
わたしに気をつかって明るく接してくれました。

いつも、悪い結果をきくときは必ず夫が近くにいてくれます。
それがなによりも心強くて、とても救われます。

また、今日から2日間自己注射をすることになりましたが
これも未来の赤ちゃんのため。

みなさんのがんばりを見習って
わたしももっともっと、気持ちを強くもてるように努めていきます。


次回は2月24日。
午前中指定なので、半休をとって病院へ行こうと思います。

また明日の結果は後日記事にしていきますね。


■通院備忘録
・2/24(火) 血液検査・エコー検査

■2/21 お支払額
・血液検査/エコー検査/自己注射シリンジセット等:32,292円


本日もお読みいただきありがとうございました。


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

【不妊治療ー体外・顕微授精(採卵周期)の最新記事】
2015年02月20日

体外受精/採卵周期*自己注射5日間を終えたあとの副作用。

2月20日(D5)

採卵周期に入ってから
自己注射にもすこしずつ慣れてきて、ようやく折り返し地点となりました。

明日は採卵周期2回目の病院。
エコー検査で卵胞の大きさや数がどれだけあるか、診ていただきます。

前回の記事にも書いたとおり
「HMGフェリング225(75+150)×5日分」と「フェマーラ×5日分(1日2錠)」を
処方していただきましたが、無事にすべてこなすことができました。

これでどれだけ卵胞が大きくなっているかな。
そう思うと明日の病院がたのしみですが
結果がでるでないということに一喜一憂しそうです。


そして気になっていた薬の投与による副作用。

わたしは上記の薬で軽い頭痛とだるさがありました。
※看護師さんから聞いたところ
 もともと頭痛持ちの人は、HMG注射で頭痛がひどくなることが多いようです。

それでも今週も休むことなく仕事を終えることができて、ほっとしています。


来週は半休を1、2日、また1日有休を取る予定。

職場では迷惑をかけてしまいますが、出社する日は早朝出勤、
そして残業をしてでも仕事をこなして、なんとかこの採卵周期を乗り切りたいと思います。


それでは、また明日の結果は後日記事にしていきますね。


■通院備忘録
・2/21(土) エコー検査 ※卵胞チェック
・2/23〜2/24(月〜火) エコー検査 ※採卵日決定
・2/25〜2/28(水〜土) 採卵日


本日もお読みいただきありがとうございました。


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

【不妊治療ー体外・顕微授精(採卵周期)の最新記事】