スポンサードリンク
2016年03月19日

5回目の体外受精・顕微授精(移植)にかかった費用のまとめ

5回目の移植周期が終わりました。

今回は、5回目にかかった移植周期の費用をまとめましたので
今後の見返しのために載せていきます。


seesaaブロ記事132.jpg


5回目移植周期合計:231,552円

■2/6:1,080円
超音波検査・HRT−FETスタート時説明
※エストラーナ・プロギノーバは前回の残りがあったので処方なし
■2/13:3,672円
超音波検査・エストラーナ
※プロギノーバは前回の残りがあったので処方なし
■2/20:11,664円
超音波検査・エストラーナ・プロギノーバ
※プロゲスタンは前回の残りがあったので処方なし
■2/29:211,896円
IVF/体外・顕微受精(凍結胚移植)
※エストラーナ・プロギノーバ・プロゲスタン・AHA技術料含む
■3/12:3,240円 ※判定日:陰性
血液検査(hcg)


2回目の採卵で、ありがたいことに胚盤胞が12つできたことから
5回目の移植時は採卵はなく、移植だけを行う周期となりました。


※移植周期では、自然周期、ホルモン補充周期の2つがあります。

■自然周期
移植日を決定するときに、卵胞チェックにより排卵日を特定して移植するやり方

■ホルモン補充周期
月経周期を、薬でコントロールして移植するやり方


わたしは排卵障害のため、ホルモン補充をしないと移植ができません。
そのため投薬が増えて金額が高くなってしまいます。

ただ今回は、前回の移植周期であまっていた薬を使うことができたので
費用は抑えられた方だと思います。


結果は、5回目の移植も陰性。

助成金も今回の申請分をのぞいて、のこりあと1回。
ついにここまで来てしまいました。


つぎは、気持ちを切り替えて転院をすることとなります。


ずっと落ち込んでなんかいられません。

前を向いて突き進むだけ。
いつかきっと授かるため…がんばりたいと思います。


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

【不妊治療ー治療費まとめの最新記事】
posted by める** at 00:00 | 不妊治療ー治療費まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年01月15日

4回目の体外受精・顕微授精(移植)にかかった費用のまとめ

4回目の移植周期が終わりました。

今回は、4回目にかかった移植周期の費用をまとめましたので
今後の見返しのために載せていきます。


seesaaブロ記事53.jpg


4回目移植周期合計:355,942円

■12/2:18,360円
超音波検査・エストラーナ・プロギノーバ・HRT−FETスタート時説明
■12/12:3,672円
超音波検査・エストラーナ
■12/16:17,820円
超音波検査・エストラーナ・プロギノーバ・プロゲスタン
■12/21:183,600円
IVF/体外・顕微受精(凍結胚移植)
※エストラーナ・プロギノーバ・プロゲスタン・AHA技術料含む
■12/23:88,560円
IVF/体外・顕微受精(凍結胚移植)2回目
※AHA技術料含む
■1/4:38,880円 ※判定日:陽性
血液検査(hcg)・エストラーナ・プロギノーバ・プロゲスタン
■1/9:5,050円 ※胎嚢確認:化学流産
血液検査(hcg)・超音波検査


2回目の採卵で、ありがたいことに胚盤胞が12つできたことから
4回目の移植時は採卵はなく、移植だけを行う周期となりました。


※移植周期では、自然周期、ホルモン補充周期の2つがあります。

■自然周期
移植日を決定するときに、卵胞チェックにより排卵日を特定して移植するやり方

■ホルモン補充周期
月経周期を、薬でコントロールして移植するやり方


わたしは排卵障害のため、ホルモン補充をしないと移植ができません。
そのため投薬が増えて金額が高くなってしまいます。


結果は、4回目の移植は陽性判定をいただけたにもかかわらず
残念ながら化学流産で終わってしまいました。

これで体外受精にステップアップしてから、もう200万円を近くを費やしています。

助成金も今回の申請分をのぞいて、のこりあと2回。
正直、妊娠できるきがしません。


4回目も化学流産となってしまったいまは
5回目の移植に向けて調整中です。


あと1回、いまの病院で移植を行い
それでもダメだったときは、本気で転院を視野に入れています。

いまはあまり治療のことを考えると胸が苦しくなってしまうため
仕事や家のことに目を向けながら、日々を精一杯生きていきたいと思います。


いつか授かれるときがきっと来る。
そう信じています。


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

【不妊治療ー治療費まとめの最新記事】
posted by める** at 07:00 | 不妊治療ー治療費まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年11月21日

2回目の体外受精・顕微授精/採卵周期にかかった費用のまとめ

先日、今年に入って2回となる採卵周期が終わりました。

今回は、2回目にかかった採卵周期の費用をまとめましたので
今後の見返しのために載せていきます。


seesaaブロ記事97.jpg


@2回目採卵周期合計:434,442円

■10/10:1,810円
超音波検査
■10/17:63,396円
超音波検査・血液検査・HMGフェリング75&150
■10/24:32,292円
超音波検査・血液検査・HMGフェリング75&150
■10/27:23,976円
超音波検査・血液検査・HMGフェリング75&150
■10/29:15,228円
超音波検査・血液検査・HMGフェリング150
■10/31:293,760円
IVF/体外・顕微受精(採卵)
※止血剤セット・タリビット・ポンタール・ボルタレン含
■11/6:3,440円
 超音波検査・血液検査(OHSS)
■11/7:540円
 電話診療(OHSS)


1回目の採卵では「488,588円」
2回目の採卵では「434,442円」となりました。


体外受精の金額は、診察の回数、注射の種類等によって大きく変わります。

わたしの場合、排卵障害のためホルモン補充をしないと採卵ができません。
そのため、自己注射を連日行うことから高額になります。


採卵周期は、時間もお金も体力もすべてを出し切ってやるもの。

採卵数に関わらず、わたしの通う病院では最低でも30万円強はかかります。
これに、移植時の20万円が追加されると、大体1回の妊娠のチャンスで50万円ほど。

やはりどんなに安く済んだとしても
かかる費用は「50万円〜」となり、簡単には出せない金額となってしまいます。


採卵周期が無事に終わり、とりあえずひと段落していますが
わたしにとっては、これからがより大切な周期。

凍結された胚が無事に着床し、妊娠継続できるのかどうか。


いつか授かれるときがきっと来る。
そう信じています。


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

【不妊治療ー治療費まとめの最新記事】
posted by める** at 00:00 | 不妊治療ー治療費まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする