スポンサードリンク
2015年09月19日

着床不全による検査結果とこれからのこと。わたしが無月経になった理由が分かるかもしれないと思ったこと。

ひさしぶりの更新となります。
今週は身内の不幸があり、落ち着かない日がつづきました。

葬儀も終え、昨日は着床不全の検査結果を聞きに行ってきました。


seesaaブロ記事81.jpg


9月18日(D29)

9月1日に、某有名クリニックへ着床不全検査にいってきたということは
こちらの記事で書きました。

最初にお伝えすると
じつは不育症の検査結果としては、なにも問題はありませんでした。

ただひとつ、甲状腺の数値を指摘されたため、来週末に
先生におすすめされた専門クリニックへ行く予定となっています。


当日は、15時15分に受付を済ませ、15時50分に診察でした。

S先生より
「不育症の検査結果は、一通りやりましたが問題はありませんでした。
ただ、ひとつ気になるのが甲状腺の数値。
FT4が基準値より低いのに、TSHが上がっていない。
これは、もしかしたらなにか潜んでいる可能性があるから
一度専門病院で、検査をしてもらった方が良いと思います。
あとは、流産をしているわけではないので、やはり卵の質の問題でしょう。
めるさんは不育症ではありませんので、不妊治療をつづけるのが近道です。」


先生の診察は約10分ほどでした。

S先生から、もうここには来る必要がないから。

そうはっきりと言われてからは
あとは不妊治療に専念するだけ。それしか子どもを授かる道はないんだ。

ずっと迷っていた気持ちが
ようやく吹っ切れたような、そんな前向きな気持ちになれました。



そして悩んでいた染色体検査も、今回受けることを辞めました。


じつは、甲状腺のことは、わたしがずっと気になっていたことでした。

甲状腺にかかわる"FT4"という数値は、最初に通っていた病院
そしていま通っている病院でも、若干基準値を下回っていると言われていました。

そしてどちらの検査結果も、FT4は低いのに、TSHが上がっていないという
不思議な現象がおこっているようでした。

これは"中枢性甲状腺機能低下症"というものに当てはまるかもしれません。

実際に無月経になったときの症状も、いまでは軽くなったものの
疲労感、むくみ、寒がり、便秘、月経異常など、さまざまな症状が出ました。

このときは藁にもすがる思いで漢方を飲んでいました。


当初2つの病院で言われたときは、心配するほどではないのでは。
そう先生から言われていたため、そのままにしていました。

今回の結果で偶然ではなく、3回とも同じ結果だったということは
すくなからずわたしが無月経になった理由が、そこに隠されているような気がします。


わたしが不妊となった原因の、続発性無月経。

もし原因が分かって治療の方法があれば、もしかしたら…

そんな希望も見えてくるかもしれません。

もちろん、結果はどうなるかは分かりませんが
すこしでも希望があるのであれば、徹底的に検査をして原因を突き止めるつもりです。


とりあえずは、次回の周期で採卵周期に入るかどうか。

今回の結果をもって、院長先生へまた相談をしに来週末に不妊病院へ行ってきます。


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

【不妊治療ー検査(着床不全・障害)の最新記事】
posted by める** at 12:00 | 不妊治療ー検査(着床不全・障害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年09月05日

着床不全による検査は、不育症の検査と同じ。有名クリニックへ初診に行ってきました。

9月1日(D12)

3度目の移植が陰性に終わり
今後のことを考えて、着床不全検査をすることにしました。

検査をするなら徹底的に。
この言葉を信じて、とある某有名クリニックの初診を予約して、先日いってきました。


■持ち物
・問診表2枚(HPから印刷して記入しておく)
・保険証
・過去の検査結果(血液検査が主)と、流産をした方はエコー写真も添付


当日は16時からの予約。

15時20分に受付を済ませて、15時30分に看護師さんに呼ばれました。

流れとしては、このような感じでした。


@15:25 看護師さんとの面談
     提出した問診表を見ながら、過去の治療期間・履歴について確認されます
     現在通院している病院名を聞かれ、当日の流れについて説明を受けます

A16:15 S先生の診察
     提出した問診表と、過去の検査結果(血液検査が主)を見ながら
     質問されたことに答えていきます
     わたしの場合、無月経であることから体外受精が必要と伝えました
    
B16:20 S先生の内診
     子宮の形、動脈、卵巣、内膜をチェックしてもらいます
    
C16:30 S先生より血液検査の説明
     内診でとった写真を見ながら、問題がないという説明を受けました
     つぎに、不育症の人を対象に行っている血液検査の内容について
     詳細を教えてもらい、何の検査をするべきか精査していただきます
     染色体の検査は、血液検査結果が出てから決めてもいいのではと
     言われたため、後日夫婦で検討しますと伝えました

D16:45 血液検査による採血。
     待合室にもどり、5分ほどすると血液検査による採血に呼ばれます
     6本の血液を採りましたが、看護師さんがとても上手だったこと
     そして、気を使いながら採血してくれて痛みもありませんでした

E17:00 お会計。


完全予約制だったこともあり、受付を済ませてからお会計まで
1時間半ほどで終わりました。

病院内は思ったより広くはなく
5組くらいの患者さんしか座れないような、スペースでした。

ただ、温かみのあるライトが照らされていて、どことなく落ち着く雰囲気でした。

S先生は、噂に聞いていたとおり、はきはきした先生で
はっきり言ってくださるので心配はまったくありませんでした。

このクリニックでは、日本に2台しかないという高性能のエコーを使用。
子宮内が鮮明に見えるだけではなく、血液の流れまで測定できるそうです。

内診の結果は、子宮の形も綺麗で、ポリープもなく
動脈もスムーズに流れていることから、とくに問題がないとのことでした。

ただ、過去の血液検査結果で、FT4(遊離サイロキシン)の値がすこし気になる
と言われたため、すべての検査をやり直すということになりました。


血液検査のための採血は、不妊病院で慣れてはいるものの
6本も取るのはひさしぶりだったため、若干腕がピリピリしました。

血液検査の結果が約3週間後とのことだったので
次回は9月18日(金)に予約を取りました。
(すこし早いため、もし検査結果が出なければ電話をもらう予定です)


結果が出たら、また一からいまの病院で採卵をするつもりでいます。

染色体検査は、やるかやらないか。

S先生には、まだ早いと言われたことで正直迷っていますが
血液検査結果がすべて陰性であれば、やろうかと夫と話しています。


とりあえずいまは、初診を終えて安心しました。


■通院備忘録
・9/18(金) 血液検査の結果が出る日

■9/1(火) お支払額
・不育症検査一式:96,490円


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

【不妊治療ー検査(着床不全・障害)の最新記事】
posted by める** at 00:00 | 不妊治療ー検査(着床不全・障害) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする