スポンサードリンク
2015年11月26日

体外受精/おやすみ周期*採卵時の空砲と変性卵のこと

前回の記事のつづきです。

タイトルのとおり、採卵時の空砲と変性卵について。
某病院の体外受精説明会に参加して、学んだことを書いていきます。


seesaaブロ記事101.jpg


■空砲と変性卵
卵胞の中に卵子があることが前提となります。
採卵の手術で卵胞液を吸引採取すると、顆粒層細胞と卵子が回収されます。
空砲は、卵胞を吸引しても卵子がなかった場合に言われますが
実際は、卵胞の壁にまだ張り付いて剥がれ落ちてない場合を言います。

変性卵は、元々卵子が変性してしまっていることが、ほとんどですが
採卵時に針を刺すため、卵子がその刺激に耐えられないときに
膜が破れて変性してしまう可能性もあります。


わたしはずっと、空砲とは卵胞の中には卵子が入っていないこと(カラ)
だと思っていましたが、そうではありませんでした。


原因は、卵子や顆粒層細胞の状態がまだ未熟な場合によるもの。

採卵前に卵子の成熟を促す、HCG注射等がうまく作用しなかったときに
起こりうることだった、ということです。


採卵は、移植と同様に本当に医師の判断や技術で、左右されるものだと
この説明会に参加して痛感しました。


これらを踏まえると、いま通っている病院の院長先生の技術はとても高く
わたしの体質に一番合った方法で、治療を行ってくれている。

そうあらためて感じます。


やっぱり転院はできるだけしたくない。
いまの病院で妊娠し、無事に卒業したい。
そんな気持ちでいっぱいです。


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

【不妊治療ー体外・顕微授精(おやすみ周期C)の最新記事】
2015年11月24日

体外受精/おやすみ周期*D3 転院候補先の体外受精説明会に参加&その病院を選ぶ理由。

11月14日(D3)

先日は午前中に不妊病院に行ったあと、別病院の体外受精説明会に参加してきました。

転院することになったら、ここにしよう。
そう思っていた病院だったので、じつは2か月前から予約をしていました。


seesaaブロ記事100.jpg


先に書かせていただきますが、いますぐに転院するつもりはありません。

ただ、いざ転院…
そう思ってから動きはじめると、初診までにも時間がかかることは明らか。

夫と話し合いをしてから、先に行っておこうという結論に至りました。


当日は17時半予約。

10分前に受付を済ませてから、会場で座って待つこと18時。
診察で遅れていたのか、院長先生は急ぎながら来られました。

18時から19時までの1時間。

説明会は、質疑応答も多く、とても有意義な時間となりました。

わたしは、2回も採卵を経験していながら
勘違いをしていることもあったり…色々と学ばせていただきました。

またこの点については、後日書いていきますね。


転院先の候補である某病院を選んだ理由は、以下のとおり。

・会社から通いやすい
・人工授精の自己注射が可能
・卵管内人工受精を行っている
・院長先生の評判が良い


ただ、わたし自身はいま通っている病院の方が慣れていること
また院長先生をはじめ、ほかの先生方や看護師さんが本当に素敵な方ばかり。

どちらの病院も高刺激と治療方法は同じではありますが
費用は、いま通っている病院の方が若干抑えられる等、転院するデメリットもあります。

それでも、いま待ってくれている凍結胚の子たちを、移植しても妊娠できない場合は
やはり環境を変えることもひとつの手だと思っています。


まずは目の前の来月の移植周期に向けて、万全の体調でやりきること。

そのあとのことは、また夫と話し合いながら決めていきたいと思います。


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

【不妊治療ー体外・顕微授精(おやすみ周期C)の最新記事】
2015年11月17日

体外受精/おやすみ周期*D3 OHSSの経過観察&次周期の調整のためマーベロンを服用。

11月14日(D3)

当日は11時予約。

10時50分に受付を済ませ、12時に内診。
12時半に診察でした。

女医のS先生の診察です。


■診察内容(S先生より)
「やはり予想よりはやめに生理が来ましたね。
そのおかげで、卵巣の腫れも2.3p程度とだいぶ良くなってきています。
腹水もなくなっているので、一度ピルを飲んでおやすみしましょう。
今年は年末年始の関係で、12月に移植をする場合は12/3までに生理が
来ないと移植ができません。
ピルは今日から11/26まで飲んで、生理を待ってください。
生理が来たら、D1〜D3の間に診察にきてくださいね。」


このあと看護師さんよりマーベロンを受取り、お会計は13時すぎとなりました。


seesaaブロ記事99.jpg


生理が来たことでお腹の張りもなくなり、本当に楽になりました。

ただ今回の生理(D1〜D2の間)は
人生で一番量が多いと思うくらいの、いままでにない出血量でした。


出血はD4でほどんど終えたので
あとはマーベロンを飲んで次周期に向けて体を整えるだけ。

今年最後の移植周期に、精一杯臨みたいと思います。


■通院備忘録
・11/14(土) エコー検査・診察・処方

■処方された薬
・マーベロン21(月経3日目から内服開始 1日1回 就寝前1錠)
※11/26まで服用

■11/14(土) お支払額
・電話再診料(OHSS):540円
・エコー検査/診察/処方料:4,890円


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

【不妊治療ー体外・顕微授精(おやすみ周期C)の最新記事】