スポンサードリンク
2015年12月23日

体外受精/移植周期(4回目)*BT0 2段階移植(1回目)当日の流れ

12月21日(BT0)

2段階移植の1回目当日。

16時予約で30分前に受付を済ませました。

待つこと10分。15時40分に診察に呼ばれました。
今回は、院長先生の診察です。


■診察内容(院長先生より)
「予定どおり凍結胚を1つ融解できました。「4AB」のままで良好です。
今日は、血液検査もなく、薬もお渡ししてあるもので足りていますので
移植が終ったらお会計をしてお帰りください。」


今回は胚盤胞の2段階移植ということで、1回目の移植。
いままでとは違う移植の流れにすこし緊張しました。

@15:40 診察
A15:45 地下へ移動
B15:50 着替え等済ませる
C16:10 移植
D16:20 30分の安静
E17:10 お会計

詳細については、過去の移植の流れと同様になりますので割合します。


seesaaブロ記事109.jpg


移植時、院長先生から
「1回目は子宮の奥の方に移植しました。次回は手前に移植します。」と言われました。

この言葉から、一概に移植は、同じ位置に移植をすればいいものではないんだ。
考えながら処置をしてくださっている院長先生にうれしい気持ちになりました。


今日はBT2。そして2回目の移植日です。

いまのところ変らず体調の変化はありません。

移植後はどうしても、ちいさな体調の変化を探してしまいますが
今日だけは、クリスマスケーキを買って夫とたのしい時間を過ごしたいと思います。


■通院備忘録
・12/21(月) 移植(1回目)
・12/23(水) 移植(2回目)


■12/21(月) お支払額
・凍結胚移植/アシストハッチング/処方料:183,600円


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ



【不妊治療ー体外・顕微授精(移植周期C~化学流産)の最新記事】
2015年12月19日

体外受精/移植周期(4回目)*D17 内膜の厚さは8〜9mm。移植日決定!

12月16日(D17)

4回目の移植周期がはじまってから、3回目の診察日。

15時予約で5分前に受付を済ませました。
待つこと20分。15時15分には内診に呼ばれ、15時25分には診察でした。


今回も、院長先生の診察です。

■診察内容(院長先生より)
「内膜の厚さは8〜9mmほどでした。
若干薄めですが、形はきれいなので予定どおり移植をしましょう。
前回お話をしたとおり21日と23日で、2段階移植を行います。
凍結胚は、1回目の移植で「4AB」。2回目の移植で本命の「4AA」を。
どちらが良いのかは分かりませんが、挑戦してみましょう。
また移植当日の詳細、そしてお薬のお渡しについては、のちほど看護師より
説明をさせていただきます。」


前回の3周期目では、内膜が10.3mmまでいきましたが
今回は伸び悩んだようで、8〜9mmの厚さとなりました。

それでも、移植できないわけではありませんし
1回目の移植でわずかながらHCGが出たときも、内膜は9mmほどでした。


奇跡を信じて、移植に臨みたいと思います。


seesaaブロ記事107.jpg


2段階移植では、院長先生は7日目に本命の胚盤胞「4AA」を移植するようです。
もちろん5日目の胚盤胞も「4AB」と比較的グレードが高い凍結胚です。

これが吉とでるのか凶と出るのか。
あとは21日、23日の凍結胚の生命力を信じるのみ。

風邪だけはひかないように
手洗いうがいをして、規則正しい生活を送るようにしたいと思います。


■通院備忘録
・12/16(水) 診察・エコー検査(子宮内膜の厚さ確認)
・12/21(月) 移植(1回目)
・12/23(水) 移植(2回目)


■処方された薬
・エストラーナテープ×16枚(1日おきに貼り替え)
・プロギノーバ×1シート(1日2回 朝食後、就寝前に1回2錠)
・プロゲスタン膣錠×19錠(1日2回 朝1錠、就寝前2錠)


■12/16(水) お支払額
・エコー検査/診察/処方料:17,820円


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

【不妊治療ー体外・顕微授精(移植周期C~化学流産)の最新記事】
2015年12月13日

体外受精/移植周期*D13 内膜の厚さは8.6mm。このままプロギノーバ続行。

12月12日(D13)

4回目の移植周期がはじまってから、2回目の診察日。


seesaaブロ記事105.jpg


9時予約で9時すこし前に受付を済ませました。

待つこと20分。9時20分には内診に呼ばれ、10時10分に診察でした。

12月ということと、朝一番の時間帯の予約だったため
予想どおり早い内診、診察をしていただくことができました。

今回は、女医のS先生の診察です。


■診察内容(S先生より)
「内膜の厚さは8.6mmですね。
形もきれいですし、厚さも問題ありません。
お薬はこのまま継続して、移植まで迎えましょう。
またお薬のお渡しは、後ほど看護師より説明をさせていただきます。」


前回の内膜の厚さ(D10)で8.3mmだったので、大体同じくらいでしょうか。

やはりわたしには、プレマリンよりプロギノーバの方が効きが良いようです。

前回は3回目の内診で、10mmまで厚くなってくれたので
今回も9mm以上はいってほしいと願うばかり。


次回は12/16に、3回目の診察。

プロギノーバは手持ちの薬がまだあるため、エストラーナテープのみ処方。
薬の追加もすくなく、お財布にもやさしい診察日となりました。

この調子で、体調管理だけは気をつけて
あとはいつもながら、普段どおりに過ごしていきたいと思います。


■通院備忘録
・12/12(土) 診察・エコー検査(子宮内膜の厚さ確認)
・12/16(水) 診察・エコー検査(子宮内膜の厚さ確認)
・12/21(月) 移植予定(1回目)
・12/23(水) 移植予定(2回目)

■処方された薬
・エストラーナテープ×8枚(1日おきに貼り替え)

■12/12(水) お支払額
・エコー検査/診察/処方料:3,672円


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

【不妊治療ー体外・顕微授精(移植周期C~化学流産)の最新記事】