スポンサードリンク
2015年12月07日

3回以上の形態良好胚移植で結果が出ていない人は、反復着床障害。着床の窓がいつ開くのか試してみたい。

先日の診察で、院長先生から提案された「2段階移植」

通常の新鮮杯と胚盤胞を移植する方法ではなく
胚盤胞を2日ずらして、1つずつ移植するという新しい治療法です。


seesaaブロ記事104.jpg


わたしのように、3回以上の形態良好胚移植で結果が出ていない人を
反復着床障害と言います。

この反復着床障害。じつはこれだけの原因が想定されています。

子宮内膜増殖症、粘膜下筋症、子宮内ポリープ
子宮内癒着、卵管水腫、胎児染色体異常頻度増加
生活習慣、血栓傾向


ただ、上記以外にも言われているのが、「着床の窓(※)」というもの。
数年前から研究されるようになり、日本でも取り入れる病院が出てきています。

※着床に必要な因子や着床を妨害する因子

着床の窓についての詳細は、下記ブログ記事に分かりやすく書かれています。
ぜひ参考にされてください。

*リプロダクションクリニック大阪 松林先生


ここに書かれている点で気になる個所は

「着床期がズレている方のうち、+2日後ろにズレている方が70%もおられる」
ということ。

ほとんどの方は、従来の移植スケジュールで問題ないと言われていますが
中にはこういった方もいるということが分かっているようです。

まだ研究段階とはいえ

着床しない、化学流産で終わる

この結果に悩んでいる人にとっては朗報ではないでしょうか。

院長先生から提案されたときはびっくりしましたが
このあたらしい治療法に賭けたい。すぐにやりたい旨を伝えました。



「2段階移植」で治療費はプラス5万円かかり、かなり痛いです。

それでも…できることはすべてやる。
前向きな気持ちで、今年最後の移植に臨みたいと思います。


■通院備忘録
・12/12(土) 診察・エコー検査(子宮内膜の厚さ確認)
・12/16(水) 診察・エコー検査(子宮内膜の厚さ確認)
・12/21(月) 移植予定(1回目)
・12/23(水) 移植予定(2回目)


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ



【不妊治療ー体外・顕微授精(移植周期C~化学流産)の最新記事】
2015年12月03日

体外受精/移植周期(4回目)*D3 移植周期スタート!着床不全は”着床の窓”がずれているから?あたらしい移植法を試みます。

12月2日(D3)

3回目の陰性判定のあとは
着床障害を疑って、杉ウィメンズクリニックで検査をしたり
続発性無月経の原因を知るために伊藤病院で治療をしたり等

おやすみ周期の間は、様々なことをしていました。

そして迎えた10月末。
2度目の採卵では、ありがたいことに、12個もの凍結胚が育ってくれました。

その後は、処方された低用量ピルのマーベロン21を飲用。

薬を飲み終えて生理がきたので
昨日D3となる2日に、病院へ行ってきました。


seesaaブロ記事103.jpg


当日は、15時予約、10分前に受付を済ませます。

待つこと20分。15時10に内診に呼ばれ
15時半ごろには診察でした。

今回は、待ちに待った院長先生の診察でした。


■診察内容(院長先生より)
「内診でみたところ、卵巣の腫れもなくなり良い状態になりました。
ということで、今週期は移植周期で進めていきたいと思います。
過去3回(2個戻しを含めて)胚盤胞を移植して、妊娠をしていないことから
今回はあたらしい移植法を試してみませんか?
「2段階移植」というものです。
通常、2段階移植は、分割胚と胚盤胞を日にちをずらして移植するものですが
めるさんの場合は、胚盤胞を2日ずらして1個ずつ移植を行います。
先日の学会でも話が出ていて、まだ実績はありませんが
それでも、何度移植しても着床しない方には、試す価値は十分にあると思います。
お薬の方は、前回と同じようにプロギノーバを処方します。」


このあと、16時に看護師さんより移植周期の説明と薬の受け渡しがあり
16時15分にお会計となりました。

もともと分割胚の凍結は予定していなかったこともあり
院長先生からこの移植法を提案されたときは、とてもびっくりしました。

2段階移植は、先にも書いたとおり
初回の移植で分割胚、2日後の移植で胚盤胞というのが一般的。

わたしの場合は胚盤胞の2個戻しを、同日ではなく日にちをずらして移植するというもの。

「着床の窓」というものがずれているのかもしれない。
そういう見解なのかもしれません。
(このことについては、後日また記事にしていきます)

グレードの良い胚盤胞を何度移植しても妊娠できないわたしは
きっと院長先生にとって、むずかしい患者なのかもしれません。

それでも、あたらしい方法を試みながら妊娠への道が切り開けるよう
試行錯誤をしてくださる院長先生には、本当に感謝の気持ちしかありません。


次回の診察は12月12日(土)

約4か月ぶりの移植へ向けて、ようやくスタートを切りました。

薬の飲み忘れ、貼り忘れだけはしないよう、しっかりと管理をしていきたいと思います。


■通院備忘録
・12/12(土) 診察・エコー検査(子宮内膜の厚さ確認)
・12/16(水) 診察・エコー検査(子宮内膜の厚さ確認)
・12/21(月) 移植予定(1回目)
・12/23(水) 移植予定(2回目)

■処方された薬
・エストラーナテープ×20枚(1日おきに貼り替え)
・プロギノーバ×2シート(1日2回 朝食後、就寝前に1回2錠)

■12/2(水) お支払額
・エコー検査/診察/処方料:18,360円


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

【不妊治療ー体外・顕微授精(移植周期C~化学流産)の最新記事】