スポンサードリンク
2016年06月10日

着床の窓を知るための「ERA検査」で、妊娠治療の「個別化」ができる利点を考えてみます。

先日の診察で、院長先生より「ERA検査」をすすめられました。


■ERA(子宮内膜受容能アレイ)検査とは
着床の窓が開く時期を子宮内膜遺伝子検査にて予測し、その成果を得た画期的な検査
スペインの会社でのみ実施されていて、下記の論文が発表されています
・着床期がズレている方のうち、+2日後ろにズレている方が70%もいる
・着床期がズレると妊娠しても流産(化学流産)する

※詳しくは、松林秀彦先生のブログをご覧ください


seesaaブロ記事156.jpg


採卵周期では、年齢、AMH、AFC(胞状卵胞数)、FSH値による刺激方法の
個別化がされていて、個々にあったやり方を選ぶことができます。

胚移植では、個別化はほとんど行われていないのがいまの日本の現状です。


リプロダクションクリニック大阪の院長である松林秀彦先生も、2012年から
胚移植の個別化について研究されていることを、ブログにも書かれています。


5回の移植で、2回の化学流産。3回の陰性。

間違いなく反復着床障害(胚移植反復不成功)であるわたしは
ずっと卵が原因と言われてきました。


ただもしも、このERA検査を受けてズレが生じていたら
化学流産してきた卵はもしかしたら…と思ってしまうかもしれません。


今回、移植を選択することが正しいのかは、正直分かりません。

本当は、不妊治療には正しいと言えることなんかなくて
治療をうける自分の気持ちを優先して、治療をしていくしかないのでしょう。


今回は、移植という選択肢をとりますが、結果がうまくいかなかったそのときは
前向きにERA検査を検討していきたいと思います。


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

【不妊治療ー検査(子宮内膜組織診)の最新記事】
posted by める** at 00:00 | 不妊治療ー検査(子宮内膜組織診) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年04月24日

子宮内膜組織診(日付診)*D5 検査結果と、まさかの出戻り通告。

4月17日(D5)

子宮内膜組織診の検査から1週間が経ちました。

本来であれば18日が診察日でしたが、思った以上にはやくリセット。
あわてて電話をして、17日(日)に変えていただきました。


当日は、18時半予約で、30分前の18時に着きました。


■当日の流れ
18:00 病院に到着・受付
18:05 外出 
20:00 病院へ戻る
22:10 内診・検査結果報告
22:20 採血(着床不全検査)
22:40 お会計


今回も安定の5時間待ち。

家に帰ったときは、もう日付が変わっていました。


seesaaブロ記事143.jpg


内診室で、D5であることを伝えて、内膜の状況を確認してもらいました。

そしてその場で先生の診察がはじまりました。


■院長先生
「めるさんね、子宮内膜の状態は良好で特段問題はありませんでした。
いま凍結卵は、B病院にあるんだよね?
紹介状の返信を書きますから、今日は採血をしてまた25日に来てください」


早口の先生のため詳細をはしおっていますが、だいたいこのような内容でした。


わたしはC病院で移植もするつもりでいたので、返信を書くから戻ってという
院長先生の意向にびっくりしました。

内容を聞くと、内膜も問題なく、移植の日程もずれはないことから
移植を繰り返すしかないということ。

C病院は遠いため、前に通っていたB病院で移植がいいだろうとのことでした。


治療費も良心的で、院長先生の腕もいいと評判のC病院。

ただ待ち時間がとてつもなく長く、場所も遠いことから通えないと判断。

このことから、正直仕事との両立がむずかしく感じていたところだったので
院長先生の言われるとおり、25日に返信状をもらってB病院へ戻る決意をしました。



仕事をつづけるということは、病院も選べないという辛さがあります。

それでも、それはしょうがないこと。
仕事も子どもを授かることも、どちらも諦められないのだから。


いつかC病院で治療を受けるときがくるとしたら
それは仕事を辞めているときでしょう。


突然の診察内容で、検査だけではやくも出戻りとなった診察日。
25日の通院でC病院は最後となります。


このあとB病院の先生とお話をするため、23日にB病院へ行ってきました。
詳細は、またつぎの記事で書いていきます。


■通院備忘録
・4/23(土) B病院/診察
・4/25(月) C病院/診察

■4/18(日) お支払額
・内診・検査結果等:4,110円(保険適用)


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

【不妊治療ー検査(子宮内膜組織診)の最新記事】
posted by める** at 00:00 | 不妊治療ー検査(子宮内膜組織診) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年04月16日

子宮内膜組織診(日付診)*D25 検査当日の流れ(2)

4月9日(D25)

前回の記事のつづきです。

今日は、子宮内膜組織診の検査内容について細かく書いていきます。


seesaaブロ記事141.jpg


■当日の流れ
8:50 病院に到着(すでに行列あり。30人以上並んでいる)
9:00 受付 
11:30 採血
12:45 子宮内膜組織診検査(内診台にて)←ここ
13:40 黄体ホルモン注射
14:10 お会計


子宮内膜組織診検査は、院長先生でした。

まず、9時に受付をした後、トイレで「ボルタレン」という座薬を入れました。
(転院前の病院で、採卵時に処方された座薬です)


そして12時45分に内診室に呼ばれたあと、内診台に座って待っていると
となりの内診室から、「痛い…痛い…」と悲痛の声が聞こえてきました。

看護師さんも「深呼吸して。痛いね。がんばって。」と声をかけているようです。

もしや…と思いましたが、ちょうど同じ検査をされている患者さんのようでした。


これから検査をうける身としては
想像以上の患者さんの痛み苦しむ声に、すっかり震え上がってしまいました。


手に汗をにぎりながら待つこと15分後、ようやく院長先生が登場。

内診を行い、内膜の厚さをチェックしてから消毒、検査に入りました。


■子宮内膜の組織の採取方法
一般的に専用の器具(※)を 子宮体部に挿入し、子宮壁を削り取るというもの
※金属製の細い棒の先端に、ちいさなスプーンや爪が付いている器具。


検査は、3〜5分ほどだったと思います。


痛みはよくみなさんが書かれているような、ガリガリといった感じではなく
ズーンズーンとした重い生理痛のような感覚でした。

この痛みが3回ほどあったので、3回くらい削ったのではないかと思います。

終わった後は、出血しているためタンポンを入れて終了。


いつもどおり、内診台で当日の処方や、次回の診察日を指定されました。

この検査をうけたあとは、ほとんどの患者さんがベッドで休むようですが
わたしは休むこともなくそのまま待合室に戻りました。


痛みの感じ方はひとそれぞれだと思います。

わたしの場合比較的痛みに強いことはありますが、検査前にボルタレンを
入れていたことが、結果これくらいで済んだのでは…と思っています。


これから検査を受ける方は
ぜひ事前に痛みどめ(ロキソニン等)を、服用されることをおすすめします。


■通院備忘録
・4/18(月) 診察予定(生理が来たら)


*更新の励みになります
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

【不妊治療ー検査(子宮内膜組織診)の最新記事】
posted by める** at 00:00 | 不妊治療ー検査(子宮内膜組織診) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする